参考書や赤本を売る!おすすめの宅配買取りサービス5選【書き込みOK】

参考書・赤本を売る際の宅配買取りサービスおすすめランキング

参考書や赤本、教科書や専門書などは友達に譲ったり、捨ててしまったり、なんとなく家に取ってあるといった人が多いです。

しかし、参考書や赤本なども漫画や一般書籍のように売ることが可能です。
しかも意外と高値が付くので、捨てたり読まないのに取っておくのは勿体ないです。

参考書や赤本、教科書を売るならそのジャンルを専門に扱う買取り店がおすすめです。
一部のブックオフなどでも赤本や教科書、参考書などの取扱いはしていますが、買取額で比較するとかなり大きな差が生まれます。

そこで、この記事では過去に代ゼミのテキストや大学の教科書などを売りまくってきた管理人がおすすめの宅配買取りサービスの特徴やメリットデメリットを紹介しています。

言うまでもありませんが、売る時は宅配買取りのほうがおすすめです。
(実店舗がある買取り店だと人件費や家賃などがかかり、査定額が低くなりがちなので)

書き込みがあっても買取りOKのサービスもあるので自宅に参考書や教科書、赤本や専門書などが眠っている方はこの記事で紹介するサービスで現金に換えてしまいましょう!

参考書・赤本・教科書・専門書おすすめ買取り店ランキング

1位:学参プラザ(公式サイトはこちら
2位:専門書アカデミー(公式サイトはこちら
3位:ブックリバー(公式サイトはこちら
4位:テキストポン(公式サイトはこちら
5位:バリューブックス(公式サイトはこちら

売る冊数やジャンルなどによって多少変わってきますが、基本的には1位の学参プラザに売ることを考えるのがベストだと思いますよ。

1位:学参プラザ

>>【買取実績付き!】学参プラザ公式サイトはコチラ

学参プラザの特徴

・20冊以上で全国送料無料&段ボール10箱まで無料
・参考書、赤本、テキスト、ノート、教科書など教材の買取りの幅が広い
・書き込みOKだけど減額にはなる
・学参プラザに送った商品1点ごとの査定額がわかる
・画像付きの買い取り実績公開中
・最短当日から発送できる宅配買取りサービス

学参プラザの宅配買取りの評判

学参プラザは参考書や赤本、教科書の買取りにおいては頭一つ抜けているサービスです。

公式サイトの買取りできる商品を確認してもらえればわかると思いますが、中学・高校・大学・予備校とありとあらゆる参考書や教科書といった教材の買取りを行っています。一番人気は最新版の赤本で、買取りでも高値が期待できます。

普通の古本宅配買取りサービスでもあまりないのですが、査定に出した商品1点ごとの査定金額がわかるのはかなり珍しく、それでいて査定~振込までの期間の短いスピーディーなサービスです。

買取実績を数多く公開しているように、査定額には自信がある表れでしょう。
あえてデメリット的な部分にスポットを当てるとすれば、送料・段ボールが無料になる基準が20冊以上なのである程度まとまった量を宅配買取りに出さないといけない点でしょうか。

20冊以上あるならとりあえず学参プラザに売れば間違いないでしょう。

>>【買取実績付き!】学参プラザ公式サイトはコチラ

2位:専門書アカデミー

>>【買取実績付き!】専門書アカデミー公式サイトはコチラ

専門書アカデミーの特徴

・10冊以上で送料無料&段ボール無料
・新しい本ほど高くなる買取り価格保証
・書き込み、記名、押印ありでも買取りOK
・希望すれば商品1点ずつの買取り価格がわかる
・画像付きの買い取り実績公開中
・当日の集荷も可能

専門書アカデミーの評判

専門書アカデミーは1位で紹介した学参プラザと運営会社が同じです。
なので基本的な宅配買取りのサービスでは共通する点が多いです。

両者の違いで言えば、専門書アカデミーでは小・中学生のテキストや教科書の買取りをしていない点で、その分資格試験に関する専門書やテキストなどの買取りに対応しているところでしょうか。

一部赤本の買取りなど被っている点もありますが、個人的な解釈としては学参プラザは参考書や赤本、教科書、専門書アカデミーは資格本や学術書など専門性の高い専門書の買取りに適しているサービスだと思っています。

もしくは大学入学前の参考書は学参プラザ、大学入学後に使うような参考書は専門書アカデミーといった使い分けでもいいかもしれませんね。

決定的な違いとしては専門書アカデミーは10冊以上で送料無料となる点です。どんなジャンルの参考書・教科書を売るか?で使い分けるといいでしょう。

>>【買取実績付き!】専門書アカデミー公式サイトはコチラ

3位:ブックリバー

>>【セルフ査定あり】ブックリバーの公式サイトはコチラ

ブックリバーの特徴

・事前査定額が2000円以上で1冊からでも送料&段ボール無料
・事前査定システムあり
・商品1点ずつの買取り価格がわかる
・全体の半分以下であれば書き込みOK
・商品到着後24時間以内の査定と24時間以内のスピード振込

ブックリバーの評判

ブックリバーの宅配買取りは主に専門書や医学書、ビジネス本が中心となります。

最大の特徴は「セルフ1秒査定」で本の後ろにあるISBN番号を入力すると買取り価格が調べられる点です。ちなみにブックリバーではこの事前査定で表示される金額が合計2000円以上でなければ宅配買取りには送料がかかってしまうので注意しましょう。

しかし、セルフ査定は必ずその価格になることを保証するものではありません。
正確な事前査定を希望する場合には別に「迅速査定フォーム」からメールを送信します。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、事前に査定価格に納得したい上で専門書や参考書を売りたい方にはブックリバーの迅速査定がおすすめです。

ただ冊数が多くなってくるとちょっと面倒ではあります・・・。
また予備校系のテキストなどはISBN番号がなければ買取りできないので注意しましょう。
(受験系テキストはちょっとカテゴリー違い)

>>【セルフ査定あり】ブックリバーの公式サイトはコチラ

4位:テキストポン


>>【買取実績あり】テキストポンの公式サイトはコチラ

テキストポンの特徴

・5冊以上は送料無料(ゆうパック限定)
・会員登録の必要なし
・書き込み、マーカーOK
・表紙カバーがなくても買取りOK
・画像付きの買い取り実績公開中

テキストポンの評判

テキストポンは、送料無料となる条件は5冊以上とハードルが低いのはいいのですが、集荷の依頼や段ボールの用意などを自分でしなければいけないなど、宅配買取りとしてはちょっと手間がかかる部分があります。

また、参考書や教科書といっても大学や短大、専門学校に特化しているので小中高の教科書や参考書、受験系の赤本や参考書などは買取りできません。

買取実績もホームページで公開していますが、ここまで紹介してきた上記の宅配買取りサービスと比較するとちょっと安いかなという印象です。
(その辺の大手古本買取店に売るよりはよっぽど高いですが・・・)

5冊~10冊程度の大学系の教科書や参考書を買取に出したい方におすすめです。

>>【買取実績あり】テキストポンの公式サイトはコチラ

5位:バリューブックス

>>【お試し査定あり】バリューブックスの公式サイトはコチラ

バリューブックスの特徴

・送料1箱500円
・事前査定あり
・商品ごとの買取り明細あり
・送料が上回った場合の返送無料

バリューブックスの評判

バリューブックスは専門書の買取りも行っていますが、その他にもCDやDVDなどの買取も行っているので、総合的な買取りサービスとして紹介します。

なので、専門書や参考書以外にも売りたいものがある方におすすめです。
以前までは5冊から送料無料のサービスでしたが、宅配買取りサービスの内容が大幅に変更になり、段ボール1箱で500円の送料が必要になっています。

その代わり、従来よりも査定基準が変更になり、1.5倍査定が高くなった点に加えて事前に査定額がわかるお試し査定のシステムが導入されています。

以前パソコンに関する専門書をまとめて売った時には買取り額も結構高くて満足でしたが、サービス変更後はまだ一度も利用していないのでわかりません。ただ対応の早さなど宅配買取りサービスとしての質は変わらず良いと思います。

ちなみに受験系の参考書などはあまり値段が付かないので専門書の買取りがおすすめです。

>>【お試し査定あり】バリューブックスの公式サイトはコチラ

参考書や赤本を高く売るならどこがいい?

ここまで、参考書や赤本、専門書やテキストなどを高価買取してくれる宅配買取りサービスを紹介してきましたが、もしあなたが1円でも高く参考書や赤本を売りたいと考えているなら参考書や赤本を最も高く売る方法は「オークションやフリマアプリで1冊ずつ売る」ことです。

メルカリでもヤフーオークションでもラクマでもなんでもいいですが、一度自分が売ろうと思っている参考書や赤本のタイトルで検索してみるといいでしょう。オークションやフリマアプリでも参考書や赤本はかなりの数売買されていますが、結構高値です。

特に資格系の参考書はそれなりの値段で売れていると思います。
メルカリなんかは女性ユーザーが多いことも影響していると思います。
河合塾や代ゼミのテキストも売れるか?は別として結構いい値段で出品されています。

確実に売れる参考書や赤本であれば多少の手間がかかってもオークションやフリマアプリで売ったほうがお金にはなると思います。

しかし、確実に売れるわけではありません。
また1冊2冊の参考書などであれば出品や落札後の発送、売れ残った場合の保管なども苦ではありませんが、数十冊以上の参考書類を売るとなるとかなり骨の折れる作業になります。

そんな時に便利なのが参考書や専門書の宅配買取りサービスです。
確実に買い取ってくれるのですぐに現金化ができるのがメリットですが、サービスによっては冊数によって自動的に買取り査定額がアップするシステムなどもあるので大量の参考書や赤本を一度に売るのに適しています。

数冊であれば宅配買取りサービスでも送料がかかってしまうのでフリマアプリやオークションが高く売れるのでおすすめですが、大量の参考書や赤本、専門書を処分したい時はこの記事で紹介している宅配買取りサービスで売ってしまうのがおすすめです。