日本の平均気温の上昇

気象庁が発表した21世紀末の日本の平均気温が今と比べると大体3度
くらい高くなるみたいですね。まあ温暖化現象というのは以前から言われて
いますが個人的には全く感じることがないわけです。夏になれば当然暑く
なるわけですが冬になれば今年もそうでしたが厳しい寒さが続いていたり
するので何が温暖化現象なんだろうと思ってしまうわけです。ただこれが
どんどん進んでいくと雨の降らない日が増えたり35度以上の気温を記録
する日が年間で10日ぐらい増えたりするそうです。まあ一年の中で
10日とかそういう日が増えるというのは普通の気候の変化でも考え
られるレベルだと思うのであまり実感することは少ないでしょうね。
どこかの氷が溶けてしまうとか日本に住んでいる自分にとってはまったく
言われてもああそうなんだというレベルにしか感じないわけですからね。
そもそも21世紀末ということは今生きている人はほとんど生きている
ことはないのでそんな先でもそんな微妙な変化しかないんだと思うと
温暖化現象に関する危機感というのは限りなく薄れていると感じるわけです。